水素水は、普通の水に比べると高濃度の水素が含まれているのが特徴です。

水素には他の物質ととても結びつきやすいと言う性質があります。

そして結びついた物質を中和、還元してしまいます。

ですから水素水を飲むことは、活性酸素の除去につながるとされています。

活性酸素とは私たちの体の中で発生している物質です。

主には呼吸によって酸素を取り込むこと、そしてそれをエネルギーとして行われる代謝の過程で発生します。

その量が一定範囲内ですと、活性酸素は病原性の細菌から体を守ったり、肝臓の解毒作用を助けたりします。

しかし量が増え過ぎてしまうと、全身のあらゆる細胞を傷つけてしまいます。

その結果、老化現象が発生したり、傷つけられた細胞の部位によっては疾病が発生したりします。

水素水は水素の力で、この活性酸素を無害な水にして、体外に除去する働きがあるとされています。

そのため健康や美容のために水素水を飲むことは、有意義なことです。

水素水を飲むタイミングはいつでも構いません。

ただ、水素水だからと言って大量に飲めばよいと言うわけではありません。

1日の中で無理のない量を、こまめに飲んでいくことが必要です。

そしてよりその効果を実感したいのであれば、活性酸素が発生そうなタイミングで飲むのが効果的とされています。

活性酸素が発生するタイミングとしては、代謝以外には、紫外線を浴びている時、強いストレスを感じている時、喫煙をしている時などが挙げられます。

そして運動をしている時やその直後もここに該当します。

特に息が切れるような激しい運動は、それだけ呼吸の回数も多くなり体内に取り入れる酸素の量も多くなるため、活性酸素が発生しやすくなります。

ですからその運動中に水素水を飲むことは活性酸素の発生を抑えることが期待できます。

そして運動中に飲んでおくと、活性酸素による運動後の疲労が軽減できるというメリットが得られることも期待できます。

また運動中はどうしても水分不足になるため、血流が滞りやすくなりがちです。

ですから運動中に水素水を飲むことは、血流を促進させ、更に活性酸素を除去することで血管の健康維持も期待できると言うメリットもあります。